よくあるご質問

法人税

【売上の計上時期】
当期の3月に受注した仕事が終了し、得意先(3月決算)に3月31日付で請求書を送付したところ、得意先の社長より、「当社の決算対策上、貴社の請求を4月の費用として処理したい。ついては、請求書の日付を4月としてもらい、かつ、貴社の売上計上も4月にしてもらえないか」という要望がありました。この要望に応じた場合、税務上問題が生じるでしょうか?  

請負収益(長期大規模工事を除く)の計上時期については、次のように取り扱われています。
(法基通2-1-5)
①. 物の引渡しを要する請負契約については、その目的物の全部を完成して相手方に引き渡した日の属する事業年度
②. 物の引渡しを要しない請負契約にあっては、その約した役務の全部を完了した日の属する事業年度

  ご質問の場合は、受注した仕事が3月で完了していますので、貴社の処理としては、当然3月の売上として計上しなければなりません。
とはいっても、得意先に「4月の売上計上にはできません」とストレートに言ってしまえば、その後の取引に支障をきたす可能性もあります。
そこで貴社の立場を理解して頂くために、得意先には以下のような回答してはいかがでしょうか。
①. 当社の顧問税理士の巡回監査が非常に厳しく、税法に則った経理処理以外一切認めてもらえない。
②. 先日、税務調査を受け、調査官より「当社の売上請求について計上時期が正しいかどうか、取引先に反面調査を行なうことがあり得る」と通告されている。万一、反面調査が行なわれた場合には、貴社に大変ご迷惑をおかけすることになる。

ページトップへ