よくあるご質問

所得税

【従業員に商品券を支給した場合】
従業員に対して、現金ではなく商品券(10万円)で賞与を支給しようと考えていますが、税務上問題が生じるでしょうか?

百貨店等が発行する商品券は現金同等物とみなされます。従って、使用者から現金の代わりに商品券の支給を受けた場合は、その支給を受けた商品券の価額の多少に関わらず給与等として課税の対象とされます。この場合の収入金額は、支給する商品券の額面金額等ではなく支給時におけるその商品券の価額すなわち時価によることとなっています。(所基通36-36)
 従いまして、ご質問の場合は、残念ながら現金同等物として商品券の時価(10万円)が給与課税の対象となりますので、現金で賞与を支給したことと同じ結果となります。
ページトップへ