よくあるご質問

消費税

【棚卸資産の自家消費】
飲食業を営む個人事業者です。仕入れた食材の内、余ったものを利用して我々の賄い用の食事を作っています。この賄いにつき、経理上何も処理していませんが、何か税務上問題があるでしょうか?ちなみに賄いの食材費用は一人当たり250円程度です。       

棚卸資産を家事のために消費した場合には、その消費した時における棚卸資産の価額に相当する金額を、事業所得の収入金額に計上しなければなりませ(所法39条)。この場合の金額は、原則的には、その棚卸資産の通常の販売価額で計算することになっています(所基通39-1)が、消費した棚卸資産の取得価額以上の金額をもってその備付帳簿に記載し総収入金額に算入しているときは、その金額が通常の販売価額に比して著しく低額(おおむね70%未満)でない限り、これを認めることになっています。(所基通39-2)。また、消費税法上、個人事業者が棚卸資産又は事業用資産を個人事業者又はその個人事業者と生計を一にする親族の用に消費し、又は使用した場合には、資産の譲渡とみなし、時価をその対価として消費税の課税の対象とすることになっています。
 但し、棚卸資産の場合で、次の①及び②に掲げる金額以上の金額を課税資産の譲渡等に係る対価の額としているときは、それを認めることとされています。(消法4④、消基通10-1-18)
①当該棚卸資産の課税仕入れの金額
②通常他に販売する価額のおおむね50%に相当する金額
 従って、ご質問の場合は、売価又は売価の70%相当額のどちらかで、課税売上として経理処理しなければなりません。
ページトップへ