パートナーズ通信

2010年12月

事前通知なしの突然調査

2010.12.28

【突然やってきたら、まず疑え】  事前通告なしに突然「税務調査です」とやってきたら、決してその言い草を信じてはいけません。  まず、詐欺を疑うべきです。  国税庁のホームページには「税務職員を装い、勤務先、取引銀行等を問い合わせる事例、従業員等の個人情報等を問い合わせる事例、現金を持ち去るなどの事件にご注意下さい」とありますので、税務調査詐欺は確実に起きているようです。  振り込め詐欺は、次々と新...

調査理由の開示を求め得るか

2010.12.27

【税務調査をする理由は?】  税理士会からの税務行政への要望のトップクラスにいつも税務調査理由の開示要求があります。  税務調査については各税法に「必要があるときは・・・できる」との規定になっているので、調査の必要性を判定した理由を求めてもよいように思われるからです。   【税務署のいつもの言い方は】  税務署の指導マニュアルでは次のよう対応するよう指導しています。   調査理...

強制権の発動としての任意調査

2010.12.24

【税務調査の法的根拠である質問検査権】  各税法に「必要があるときは・・・質問し・・・検査することができる」と明記されています。  税務署に調査権限があるのはこの「質問検査権」の規定に拠っています。  さらに、納税者が税務署員の質問に対して答弁拒否したり、税務署員の帳簿検査について閲覧拒否や妨害をした時は、「1年以下の懲役又は20万円以下の罰金に処する」ということにもなっています。   ...

裁判に出てくる「信頼関係」

2010.12.22

【判例理論としての「信頼関係」】  ビジネスから私的な人間関係まで広く使われる「信頼関係」という言葉ですが、法律の条文にはなくとも、確固たる判例理論を形成するキーワードとなっております。   【「信頼関係」理論の始まり】  これが判例理論として初めて登場したのが、賃貸借契約における無断転貸・賃借権の譲渡に対する解除の事例です。  民法は、借主が貸主に無断で第三者に転貸、あるいは、賃借権を...

社員教育にも利用できるジョブ・カード制度

2010.12.21

【ジョブ・カード制度って何?】  平成22年10月に行われた事業仕分け第3弾で廃止と判定されたジョブ・カード制度ですが、その後の検討で継続する事になりました。  この制度は、若年失業者が増えている状況下で就職困難な方の正社員への道を作るために考案されたものです。  少々非効率な点もありますが、雇用促進につながる制度として、見直しをした上で継続する事となったのです。  このジョブ・カード制度とはどん...

ページトップへ