パートナーズ通信

2011年8月

グループ法人税制 ~出資関係図という法人家系図~

2011.08.31

【本年3月決算から始まった】  グループ法人に該当していたら、グループ内の各法人間の完全支配関係を系統的に示した「出資関係図」、すなわち法人家系図のようなものを確定申告書に添付しなければなりません。  今年の3月決算法人からこの提出義務があることになりました。   【完全なものを作ることは可能か】  国税庁の公表する質疑応答事例でも、出資関係図には、期末における完全支配関係があるすべての...

グループ法人税制 ~親子法人関係化手法の留意点と優劣~

2011.08.30

【完全支配関係の判定】  グループ法人税制における完全支配関係があるか否かを判定する時期が、各制度によって異なっています。  その主な制度の適用時期と完全支配関係の判定時期は、次の通りです。  ①譲渡損益調整資産に係る譲渡損益の課税繰延べについては、譲渡時点で完全支配関係がある場合に適用  ②寄附金の損金不算入及び受贈益の益金不算入については、支出・受領の時点で完全支配関係がある場合に適用  ③受...

年俸制の留意点

2011.08.29

 「年俸制」とは「働いた時間の長さでなく、労働者の能力や業績に応じて賃金を決定する制度」で、例えば年俸額を17等分し、12を各月払い、5を年2回の賞与として支払う支給方法が多いと言えます。   【「年俸制」の活用方法と効果】  「年俸制」を適用するのが適した労働者は主に次の通りです。 ①労働基準法第41条第2号で労働時間の規制が除外されている管理監督者・機密事務取扱者②労働基準法...

グループ法人税制 ~制度有利適用への親子関係化~

2011.08.26

【親子関係化の手法】  グループ法人税制の下では、個人株主の下に複数の兄弟会社があるという形は避けて、親子関係に組み直しておくのがベターです。  その場合の持株会社設立や兄弟会社の親会社化手法としては、  ①新設分割をして事業を分社化する  ②株式交換をして完全親会社になる  ③株式移転により完全親会社を新設する などが挙げられます。   【分社型新設分割による事業移転】  ①の場合、会...

ワークデザイン

2011.08.25

 問題解決の代表的技法にはQC(クォリティー・コントロール・品質管理)が物やサービスの品質のバラツキを小さくして均一な製品を作ったり品質改善を図るのに用いられ、IE(インダストリアル・エンジニアリング)が作業や動作のスピード改善に用いられる分析的技法であるのに対して、ワークデザインと言う製品や仕事の機能・仕組みの改善を対象とした演繹的技法があります。  ここではワークデザインの特徴・活用法について...

ページトップへ