パートナーズ通信

2012年4月

人事考課の公正性と納得性

2012.04.27

 人事考課の公正性と納得性は、極めて大切であり、欠如すると会社に対する社員の信頼が失われ、働く意欲を低下させることになってしまいます。  つまり、人事考課の結果に基づいて社内等級や賃金が決定されますから、その考課プロセスが社員から見てブラックボックスの中にあり、何を根拠として、誰がどのように考課し、決定したのかが不明瞭な場合、到底社員の納得は得られません。   【公正性・納得性を高めるに...

二転・三転 児童手当

2012.04.26

【新児童手当は継続する手当となるか】  民主党政権時代の目玉政策だった「子ども手当」は今年度から自公政権時代の「児童手当」に名称が戻りました。  2010年からの子ども手当と新児童手当との大きな違いは所得制限が設けられる点。  元々は児童手当には所得制限がありましたが今回は例えば夫と専業主婦、子供2人の世帯で年収960万円が基準となります。   【子ども手当の内容の変遷】  2010年3...

中小企業特例の内外格差

2012.04.25

【大法人の100%子会社と中小企業特例】 平成22年税制改正で、中小企業に有利な特例は、大法人の100%子会社には不適用、とされました。次の特例項目です。 ①800万円以下部分への19%税率適用 ②19%税率の15%への時限的軽減 ③欠損金繰戻還付不適用制度の中小企業不適用特例 ④同族会社の留保金課税不適用 ⑤貸倒引当金法定繰入率の中小企業特例 ⑥交際費損金不算入制度の中小企業特例   ...

信用調査報告書の活用の仕方

2012.04.24

【評価ランクで判断しないこと】  信用調査報告書では、企業診断の評価を“評点”としてA・B・C・D・Eランクや1~5までの5段階評価などによって、総合評価が示されております。  中小企業経営者に限らず、大手経理部門の実務担当者から責任者までの殆どの人は このランクを“与信など”を考える上で、主要な判断要素としているのではないでしょうか。  また、「特...

人事考課と管理者の役割

2012.04.23

 管理者の役割は「従業員と仕事を管理する」ことにありますが、その際「人事考課」が大変重要な鍵を握っています。  従業員と仕事の管理を、そのプロセスから見ると次のようになります。 1. 部下の能力と仕事の難易度を考え併せて仕事を割り当てる。 2. 仕事の目標を設定する。 3. 部下のモチベーションを高めたり、指導を行い、実践的な能力発揮・開発と目標達成へ誘導する...

ページトップへ