パートナーズ通信

2012年8月

会社法と法人税 ~有償減資(受領者側)~

2012.08.31

【会社法の位置づけ】 会社法では、有償減資による資本の払戻し(その他資本剰余金の処分による配当等)を受けた場合は、払戻しの対象となる有価証券が売買目的有価証券である場合を除き、原則として払戻し受領金額をその対象有価証券の帳簿価額から減額します。 仕訳で表すと次のようになります。  現預金×× / 有価証券××   【法人税の位置づ...

税法改正の文書確認

2012.08.30

【官僚達の仕事】 霞が関の省庁は不夜城の如く夜遅くまで火が灯っています。 官僚達の仕事の相当部分が「質問趣意書」に対する「答弁書」の作成に費やされています。 国会報道として、テレビで放映され、新聞その他のマスコミで報道されているような、国会での議員と政府との質疑のやりとりは、議員の質疑活動のほんの一部です。 そこに登場しない他の国会議員の姿はなかなか国民の目に届きませんが、衆議院・参議院のホームペ...

給与額改定と随時改定

2012.08.29

【標準報酬月額が決まる時期】 社会保険料を決める標準報酬は ①入社時 ②毎年4月、5月、6月の賃金を平均して決定する定時決定 ③報酬が大幅に変動した時に改定する随時決定 ④育児休業終了時の4つのタイミングで決定されます。 定時決定は算定基礎届を提出し、当年9月から翌年8月まで決定した標準報酬が適用されます。 しかし途中、昇給等で報酬の額が著しく変動した場合、その月以降継続した3ヶ月の報酬の平均額を...

アメリカのエスカレート

2012.08.28

【匿名召喚状(John Doe Summons)】 日本と異なり、アメリカには、裁判所の召喚状に基づいて行う税務調査(summons サモンズ)があります。 サモンズは第三者調査に有効な制度です。 対象が幅広く、スイスUBS銀行やHSBC(香港上海銀行)へのサモンズに象徴されるように海外に向けても発せられます。 匿名召喚状(John Doe Summons)という調査対象者を特定するための手法で行...

人事考課のバラツキ対策

2012.08.27

人事考課では考課者(課長など)が被考課者(部下)の仕事のプロセスや結果に表れた業績・発揮能力・意欲を、事実に基づいて的確に考課することが求められていますが、考課者によって、厳しい考課をする傾向、甘い考課をする傾向、あまり考課の差をつけず平均的考課をする傾向など、バラツキが起こりがちです。 そのような考課のバラツキを放置すると、会社が定めた人事考課基準に従った的確な考課が行われなくなり、社員からも人...

ページトップへ