パートナーズ通信

2013年3月

複数税率だった消費税

2013.03.07

単一税率と帳簿方式のセット  財務省のホームページに、「単一税率の下では、請求書等に税額が別記されていなくても仕入税額の計算に支障はないが、複数税率の場合、請求書等に適用税率・税額の記載を義務付けたもの(インボイス)がなければ適正な仕入税額の計算は困難」との記載があります。  各界からの税制改正要望をみても、単一税率・帳簿方式の維持という文言があふれています。識者の文章にも、日本は一貫して単一税率...

コンセプト(概念)

2013.03.06

“コンセプト”とは物事の総括的、概括的な意味、すなわち概念のことです。  「世の中の全ての物事は、コンセプトによって表現することが可能であり、それを提議・提唱する者の心性、視点、立場、精神的なポジション・在り方を反映する。」とされています。  例えば「柔道七段」と言えば、短い表現で柔道界での強さを端的に表しています。  また、ある物事(例えば、ある商品・サービス)を実在的、...

陽の目をみられるように

2013.03.05

日本版ISAの導入 税制改正では、現行の上場株式等の譲渡損益及び配当に対する10%課税の軽減措置が本年末をもって廃止となり、平成26年1月以降は、倍の20%課税になります。 この改正のままでは、大衆課税になってしまうということで、「少額投資非課税制度」というものを創設し、投資規模500万円程度の人については、課税対象外としました。日本版ISAと言われるものです。 少額投資非課税制度の大義名分 個人...

平成25年4月から施行! 「改正・犯罪収益移転防止法」

2013.03.04

犯罪収益移転防止法とは? 今年4月1日より、改正犯罪収益移転防止法が施行されます。 犯罪収益移転防止法(以下、犯収法)は、いわゆるマネー・ローンダリングを防止するため、2007年に施行された法律です。マネー・ローンダリングとは、犯罪で得た資金をあたかも正当な取引で得た資金のように見せかける行為や、口座を転々とさせたり不動産や金融商品等に変え、その出所を隠す行為を言います。こうした行為に対し、金融機...

介護時代に備えた働き方

2013.03.01

人口構成に見るこれからの介護の行方  日本の労働力人口を予測すると今後50年で3分の1が消失すると言われています。今後労働市場に元気な高齢者や長期に働く女性も増えてくる事でしょう。現役世代1人が支える高齢者は1950年から2050年の10年で10倍に増えると予測されています。    長寿社会は介護の長期化をまねき、現在平均介護期間は3.8年ですが、10年以上の方も1割はいます。50歳代前半で配偶者...

ページトップへ