パートナーズ通信

2013年9月

雇用延長で賃金は

2013.09.30

今年の4月に施行された高年齢者雇用安定法の改正では、希望する社員は全員、65歳までの継続雇用をする事が義務付けられましたが、各々の企業が雇用延長に伴いどのような賃金対策をしてゆくのか少しずつ様子が見えてきました。   【限りある原資を現役と高齢者にどう配分?】 高年齢者の賃金を引き上げるとするNTTグループでは再雇用する60歳以上の社員の年収を引き上げるとしていますが、その分を現役世代の...

オフィスの移転と許認可

2013.09.27

オフィスを移転する企業が最も多いのは3月だそうで、年間の引越日の約3割がこの時期に集中すると言われています。 そして、年明けの3月移転を目指している企業が動き始めるのが9月から10月頃。物件選びでは立地等営業面の諸条件の他、移転後に行う関係官庁での手続きについても意識しておきたいところです。   関係官庁への届出も忘れずに 会社としては取引先やお客様への移転案内が優先になってしまいますが...

今年の路線価

2013.09.26

【全体はまだ下落継続基調のまま】 相続税・贈与税での土地評価の基礎となる「2013年分路線価」が全国の国税局から公表されています。 12の各国税局のそれぞれの最高路線価をみると、3ヶ所(高松・熊本・仙台)で前年比減、3ヶ所(東京・広島・福岡)で前年同額、6ヶ所(金沢・沖縄・大阪・札幌・名古屋・さいたま)で前年比増です。 でも、47都道府県単位でのそれぞれの最高路線価をみると、32ヶ所で前年比減、8...

人事制度の改革

2013.09.24

人事制度とは、「会社の経営目的に合致する従業員の行動と、その結果としての成果を引き出すための手段」であり、そこに問題があると、トップが思い描いた従業員の活躍や経営の成果が得られません。   【よくある人事制度の問題点】  人事制度の問題点は、次のような現象として現われることが多いと言えます。 ①   従業員個々の役割や責任が文書化されておらず、ど...

創設された経営改善活性化税制

2013.09.20

【活性化税制の創設】 今年、中小企業の活性化に資する設備投資を促進するための措置が創設されました。 中小企業者が経営改善に関する指導及び助言を受けて器具備品及び建物附属設備などの経営改善設備の取得等をして指定事業の用に供した場合に適用となります。 この制度は、消費税率の引上げによる景気の萎縮に備え、中小企業等の設備投資を促進させることが目的です。   【制度の概要】 平成25年4月1日か...

ページトップへ