パートナーズ通信

2015年4月

目標達成プロセスの設計

2015.04.30

目標管理シートは、主に目標と達成基準 を設定、記述するために使われ、多くの場合、目標達成プロセスは記述されません。 しかし、目標設定に当って達成プロセスが設計されていないと、達成阻害要因が生じたときに、プロセスのどこまで戻って対処すべきか、などの判断が難しく、混線状態に陥りがちになります。   目標達成プロセス設計法 達成プロセスが設計されていない場合、一般には次の二つの方法のどちらかで...

ふるさと納税はいくらまでできる?

2015.04.28

住民税所得割額の2割と言われている ふるさと納税制度は納税者が、住んでいる場所以外の自治体に寄付し、寄附金控除として後に税金を軽減するという制度です。 お住まいの自治体の税額をすべて寄附できたら、お住まいの自治体の税額が無くなってしまいますので、上限が定められています。 大まかな目安は「今年の所得で計算される住民税所得割額の2割」と言われています。   実際に計算してみると&hellip...

最近話題のふるさと納税

2015.04.27

ふるさと納税をしている人が増えている ふるさと納税制度は納税者が、住んでいる場所以外の自治体に寄付し、寄附金控除として後に税金を軽減する、つまり住んでいる場所の他に納税できるという制度です。 各自治体が「寄附のお礼」として、地元の特産品を提供し、「寄附したお金は税金を払った扱いになる上、物が貰える」という事で、あまり節税対策等に縁が無かったサラリーマンを中心に、お得な制度として近年脚光を浴びていま...

法人税はなぜ損金不算入?

2015.04.24

H27税制改正~法人実効税率引下げへ 平成27年度の法人税の税制改革では、法人税率について大きな改正がありました。 法人実効税率を数年かけて20%台に引き下げることを念頭に、改正前の34.62%から平成27年度に32.11%、平成28年度31.33%とするものです ただし、「税率引下げ」の改正には、「課税ベースの拡大」が付き物です。税源を確保するという意味合いですね。 特に今回の改正では、欠損金の...

改正入管法と新たなビザの登場

2015.04.23

「技術・人文知識・国際業務」の登場 平成26年6月に、外国人の方の滞在を管理する法律、「出入国管理及び難民認定法(以下、入管法)」が改正され、今年から少しずつ新たな制度が施行されています。 中でも、外国人従業員を雇用する企業の皆様に注目していただきたいのが、4月から新設された「技術・人文知識・国際業務」という在留資格(通称「ビザ」)。このビザは以前からある「技術ビザ」と「人文知識・国際業務ビザ」が...

ページトップへ