1. ホーム>
  2. スタッフブログ>
  3. 消費税増税と軽減税率
スタッフブログ

消費税増税と軽減税率

2019.10.03

 

こんにちは、税理士の枌です。
いよいよ消費税10%時代に突入しましたね。
2度の延期を経て、これ以上延期はできないという状況で、消費税増税分の財源を見込んで社会保障の予算を組んでからの増税ですから、日本中が準備をしていた様ですが、それでもいくつかトラブルが発生したようです。
中小企業の中には、資金的に複数税率に対応するだけの設備投資ができず、やむなく廃業を決断したという話も聞きます。
我々のような会計事務所でさえ、瞬時には「これ軽減税率?それとも10%?」と判断に迷うこともあるわけですから、一般の方にしてみればそれこそ複雑怪奇な税になってしまったのではないかと。
例えば、よくネタにされるのが「オロナミンCとリポビタンD、消費税8%はどっち?」という問題。
正解は
オロナミンC→8%
リポビタンD→10%
です。
続いて「本みりんとみりん風調味料と料理酒、消費税8%はどれ?」という問題
正解は
本みりん→10%
みりん風調味料→8%
料理酒→8%
です。
最後はちょっと難しい問題
「お歳暮で送る飲み物ギフトでビールとジュースが最初からセットになっており、販売価格の2/3以上がジュースで構成されているもの」
「お歳暮で送る飲み物ギフトでビールとジュースを好みに合わせて組み合わせることができ、結果として販売価格の2/3以上がジュースで構成されたもの」
で、ギフト全体に係る消費税が8%はどっち?
正解は前者の「最初からセットになっている飲み物ギフト」が消費税8%なんですね。
ビールとジュースの構成が全く同じギフトでも「最初からセットで売られているもの」と「お好みで組み合わせて売られるもの」で消費税率が違うなんて、誰が想像できるんでしょう。
頭のいい人達が、税逃れを防ぐために細かいところまでギチギチにルール化してしまったせいで、国税の中でも最も国民に近い位置にある消費税が複雑怪奇になってしまったんですかね。
なんか本末転倒になっている気がしませんか?

こんにちは、税理士の枌です。

 

いよいよ消費税10%時代に突入しましたね。

2度の延期を経て、これ以上延期はできないという状況で、消費税増税分の財源を見込んで社会保障の予算を組んでからの増税ですから、日本中が準備をしていた様ですが、それでもいくつかトラブルが発生したようです。

 

中小企業の中には、資金的に複数税率に対応するだけの設備投資ができず、やむなく廃業を決断したという話も聞きます。

 

我々のような会計事務所でさえ、瞬時には「これ軽減税率?それとも10%?」と判断に迷うこともあるわけですから、一般の方にしてみればそれこそ複雑怪奇な税になってしまったのではないかと。

 

例えば、よくネタにされるのが「オロナミンCとリポビタンD、消費税8%はどっち?」という問題。

 

正解は

オロナミンC→8%

リポビタンD→10%

です。

 

 

続いて「本みりんとみりん風調味料と料理酒、消費税8%はどれ?」という問題

 

正解は

本みりん→10%

みりん風調味料→8%

料理酒→8%

です。

 

 

最後はちょっと難しい問題

「お歳暮で送る飲み物ギフトでビールとジュースが最初からセットになっており、販売価格の2/3以上がジュースで構成されているもの」

「お歳暮で送る飲み物ギフトでビールとジュースを好みに合わせて組み合わせることができ、結果として販売価格の2/3以上がジュースで構成されたもの」

で、ギフト全体に係る消費税が8%はどっち?

 

 

正解は前者の「最初からセットになっている飲み物ギフト」が消費税8%なんですね。

 

 

ビールとジュースの構成が全く同じギフトでも「最初からセットで売られているもの」と「お好みで組み合わせて売られるもの」で消費税率が違うなんて、誰が想像できるんでしょう。

 

 

頭のいい人達が、税逃れを防ぐために細かいところまでギチギチにルール化してしまったせいで、国税の中でも最も国民に近い位置にある消費税が複雑怪奇になってしまったんですかね。

 

なんか本末転倒になっている気がしませんか?

 

月別一覧

お電話でのお問い合わせ:03-5339-7300
ページトップへ